Unixtime 日付変換ツール

入力はUnixtimeでもDate型でも大丈夫です。作業用に何個か同一画面で変換できるようにしました。


現在時刻

Unixtime1511340623
Date(Y/m/d H:i:s)2017/11/22 17:50:23
Date(Y-m-d H:i:s)2017-11-22 17:50:23
Unixtime
Date(Y/m/d H:i:s)
Date(Y-m-d H:i:s)
Unixtime
Date(Y/m/d H:i:s)
Date(Y-m-d H:i:s)

Unixtime
Date(Y/m/d H:i:s)
Date(Y-m-d H:i:s)
Unixtime
Date(Y/m/d H:i:s)
Date(Y-m-d H:i:s)
Unixtime
Date(Y/m/d H:i:s)
Date(Y-m-d H:i:s)

クエリ作ったりする作業用のエリア



Unixtimeとは

UNIX時間(ユニックスじかん)またはUNIX時刻(ユニックスじこく、UNIX time(ユニックスタイム)、
POSIX time(ポジックスタイム))とはコンピューターシステム上での時刻表現の一種。
UNIXエポック、すなわち協定世界時 (UTC) での1970年1月1日真夜中(午前0時0分0秒)の時刻からの形式的な経過秒数として表される。
(Wikipediaより引用)

時差に影響されない値なのでサービス側でコンテンツ情報として保持する時間として取り扱いやすい。
アプリやブラウザにUnixtimeで渡し、表示形式を日時にすると、サーバ側でユーザのロケールを気にする必要が無い。
Twitterなどのサービスでもツイートの投稿時間はUnixtimeでAPIは返されるようになっている。(当然といえば当然)